Translate ~Select your language~

2020年11月23日月曜日

タイヤカスの削り方

スーパーGTやドリフトで有名な谷口選手が、走行後に気になるタイヤカスの取り方についてこんな記事を書かれていました。

なるほど、便利な器具ですね。

自分でもプラスチックの丸棒を用いて、表にローラーを付けて走行後のタイヤカスを取りやすい台をいつも持ち歩いています。

こんな形。





黒い方はローラーもつけているので、走行後にタイヤカスやブレーキダストをこの台を使って洗浄してから車に積んでいます。

これならそんなに費用も加工手間もかからず、軽量なので持ち運びにも便利です。


またサーキットアタック系の方では必要になる、タイヤ削りですが、電動カンナで削る際にこういった台があるとより便利ですし、最近はこの電動カンナも有線ではなく、バッテリー式のものまで出てきているのでサーキット等の現場でタイヤ削り作業が出来てしまうので便利ですね。


Twitterでは電動カンナを使って削ることをDKCと呼んでいるようです?電動カンナも前よりだいぶ安くなってきた気がしますね。
タイムアタックシーズン到来ですが今年も自分は冬は走れなさそうです…。

他の記事をお読みになりたい方は↓のラベルや関連ページ等からご参照ください

0 件のコメント:

コメントを投稿

~関連ページ~