Translate ~Select your language~

2021年7月22日木曜日

車両盗難防止対策GPSの種類

昨今ニュースでも国産スポーツカーの盗難が取り上げられるぐらい、盗難被害が増えています。
一番なのは取られないようにセキュリティを強化することも必要ですが、それでも盗られてしまった場合にトラッキングできるGPSを車両に取付する対策も必要な時代になったと考え、どんなサービスがあるのか調べてみました。

1.ココセコム
ホームセキュリティで有名なセコムがリリースしているサービス。
車両に発信機を取り付けることで、万が一車両盗難されても追跡可能な上、セコムが現地に駆けつけてくれるサービスです。



月額1320円で契約できます。
もし遠方まで持っていかれた場合でも国内であれば別料金ですが駆けつけてくれるのでありがたいですね。
これと同じようなサービスは何種類か展開されていますが、代表的なココセコムを取り上げました。


2.AirTag
こちらはAppleがリリースするGPSトラッカー。
このトラッカーの近くにiPhone等のApple製品を持った人が近づいた場合、その端末を介して場所をトレースできるサービスです。
普段はご自身の携帯電話やiPadを親機として設定し、もし親機から離れてしまった場合にトラッキングできる(上記の制約はある)ものです。



こちらの利点は何といっても月額0円、タグ購入時の4000円程の費用でずっと使える点です。
またボタン電池を入れておけば長期間交換不要という点もいいですね。
難点は近くに人が通らないような山奥だと見つけられないことやリアルタイムでの追跡ができないこと、そして親機から8時間以上離れてしまうとタグからアラーム音が鳴ってしまう事でしょうか。
ご自身の携帯電話を親機として登録した場合、車を自宅に置いたまま出かけるとアラームが鳴りかねないので、自宅に据置のiPad等を用意する必要がありそうです。

3.携帯電話トラッカー
携帯電話をなくした際に自宅のPC等でトラッキングできるアプリは多数ありますが、そのアプリを搭載した携帯電話を乗せておくことでトラッキングできるようにする方法です。
楽天モバイルが1GBまで毎月無料なので、トラッキング用の携帯と割り切れば実質タダで電波があればどこまでも追跡できるので、現状ではベストな方法かもしれません。新規加入もネット上で出来るので手軽です。

↑楽天モバイルのページから簡単に新規でサブ携帯が作れます。

どの方法にするにしても発信機が見つかって捨てられてしまうと意味がないので、設置場所を工夫する必要がありますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

~関連ページ~