Translate ~Select your language~

2021年2月19日金曜日

ミッションオイルとしてのGL-5規格(腐食)

一般的にスポーツギアオイルとして売られている製品はGL5の事が多いですが、先日こんな記事を拝見しました。


その通りでGL-5オイルは極圧性能を高めるために添加剤がGL3や4に比べると多種・多量配合されてますが、そんな極端にシンクロを腐食させることがないよう、バランスさせて市販されているオイルがほとんどです。(GL規格とは?はこちらの記事

が、

一方で以前、関西のショップさんがこんな写真をアップロードしてました。

これはLSDの釜を撮った写真。
オイルによって腐食してしまってますね。このようになってしまうオイルが出回っていることも事実なので添加剤次第ではありますが、「GL5(とは限らない)がシンクロに良くない」というのは嘘ではないですが、正しくもないと言ったところでしょうか?

なので純正油がGL-4指定な車のミッションにGL-5規格のオイルを入れるのはオーバースペックな事がもちろん、劣化しやすいこともあるのでスポーツ走行をしないのであれば入れないように個人的にはしています。コストも安いことも多いですし。

ありきたりな結論ですが「実績あるオイル」を使うのが、目に見えにくい商品なだけに確実ですね。

他の記事をお読みになりたい方は↓のラベルや関連ページ等からご参照ください

0 件のコメント:

コメントを投稿

~関連ページ~