Translate ~Select your language~

2021年4月17日土曜日

シバタイヤの競技用タイヤリリース(シバタイヤR)

今年に入って快進撃を続けるシバタイヤから、JAF競技やドリフト大会で通用するタイヤが発売される旨のアナウンスが発表されました。


すごいですね。
以前触れましたがOEMのRydanzがリリースする素のR03RSとR33RSのトレッドウェアは140なので、シバタイヤバージョンのR03RSおよびR33RSのトレッドウェア80と言うのは、より低温域からグリップする、近年のドリフト、ジムカーナ競技向けのタイヤに近い硬さです。


ただ上記の説明書きにも「ドリフトのリアタイヤには使うな」と書いてあることからも、熱が入りやすそうな印象を受けます。
値段はVALINO等と同じぐらいの値段になるそうですが、そこは需要が少なく、賞味期限が短い素材なだけに仕方ないですね。



また気づいたらタイヤサイズがえらいことになっています。



TW180であれば上図より50種類もリリースされることになるので、今年の関東ジムカーナシリーズを始めとしたラジアルタイヤクラス規則の「30種類以上のラインナップ」を満たせてしまいますね。

値段もA052に比べたら半額以下ですから、ユーザー数はかなり増えそうです。


他の記事をお読みになりたい方は↓のラベルや関連ページ等からご参照ください

0 件のコメント:

コメントを投稿

~関連ページ~